院長の趣味の部屋

sp_inq.png

アクセスはこちら

2019.07.28更新

最高のリーダーほど教えない/鮎川詢裕子

優れたリーダーが行なっているマネジメント手法ってご存知ですか?!
それは、「教えないで、気づきを導く」。
なんと教えないんですよ(驚)。
「教える」➩「気づかせる」という思考のシフトチェンジが、これまためっちゃ難しい。ついつい教えてしまったり、部下が求めてもいないのにアドバイスをしてしまう上司が多いのでは(苦笑)。それは指示になり、そのことで部下は考えなくなり、自分の考えを持っていても言えなくなってしまう。。。
ところが、自分が心から「これだ!」「これをすればよかったんだ!!」と気づいた時には、自立型人間や自主的人間になっていく。
気づきが起きると、人は自然と変わり出します。
他人に言われた言葉ではなく、自分の内側から湧いてくる答えなので、そのエネルギーは自分を突き動かす凄い力になっていくのです。
「リーダーが何かをする」ことではなく、「リーダーが部下自身に行動してもらうよう導く」という考えを持つことが大事なのだ。なるほど。
@部下に「指示する」➩部下が自分から「行動するよう導く」
@問題点を「指摘する」➩部下が問題点に「気づくように導く」
「導く」がキーワード!!
そのためには、部下にとって役に立つ質問が出来るかがポイント。さらに、何でも安心して話せる目的意識を持った場を作るのも忘れてはいけないですね。
部下との個人面談で時々遭遇する沈黙の時間は、本人がまだ考えたことすらなかったことを初めて自分の内側に見つけていくために必要。この時間があるからこそ、新たな気づきや発見があり、思考が整理されていきます。
●部下に気づきが生まれないのは?
上司との関わりによって「自分で考え、行動する」というクセがついていないから。。。
●質問して、受け止め、応答する。質問して、受け止め、応答するの繰り返し。
●迷ったら理念に立ち返って考えていくクセをつけると理念が生きてくる。
●部下に対して行いがちなうまくいかない原因
①部下の行動を変えようとしている
②認識がズレたまま仕事を進めている
③部下の力を引き出す関わり方を知らない
●大事なのは「答えを教える」のではなく、「部下の内省を助け、自分で気づくことに導く」というプロセス。
内省とは、自分の考えや言動を深く省みること。

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2019.07.20更新

負けないで 心がスッと軽くなる30のことば/杉浦誠司

昨秋に参加させて頂いた「あなたのための今世紀最大の講演会」で再び杉浦さんと出逢い、ど迫力な筆文字に圧倒されっぱなし!!
講演会が終わってから、書籍を手に取りサインも頂きました。
杉浦さんの筆文字は、本当に素敵です。
筆文字の素敵なメッセージを見て、そのエピソードを知ると本当に心がスッと軽くなります。
自分の思いが詰まった言葉で人生が変わる。
「めっせー字」は、ひらがなを組み合わせて作られた漢字です。眺めてるだけで楽しくなります。
●当たり前にあると思うものにこそ、感謝すべき
本当の感謝とは、何かをして貰ってのお返しやお礼とは違います。自分の周りで起きる出来事すべて、出会う人すべてがいいとは限らない。それでも、すべての出来事や人に手を合わせて感謝する。奥が深いです。
●自分を変えるためにすることは、まず性格を自覚すること
人を励ます言葉として「そのままのあなたでいいんだよ、そのままのあなたが素敵だよ」には、「自分の性格を受け入れ、自分らしさをつくる出発点にしましょう」という意味があります。
●「自分がやる」「自分が変わる」と自分で何とかしようとすると強い心や思いが大切
少しでも解決に向かって進みたいなら、まず自分に何が出来るのか考えてみます。言い換えると、あえて自分に原因があると考えることも出来ます。
嫌な相手に指をさしてみる。。。
人さし指は相手に向けられているけど、自分に向けられている指もあります。
これは、理不尽なことがあっても、少なからず自分にも原因があるということを教えてくれています。
●人にとって、悩むことや苦しむことは宝
今は苦しくて辛くても、いつか宝に変わります。

hp2019.7.20(1)

hp2019.7.20(2)

 

 

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2019.05.26更新

幸せな人持ち人生/横井悌一郎
LMP(ライフ・マネジメント・プログラム)体系は、塾長の横井さんが、今までの自分の学びや気付きをトータルシステムとしてまとめたものです。僕自身も今までに参加させて頂いた自己啓発的な講演会や書籍で学んだ内容が結構入っていたので、スッと入ってくる感じでした。書籍出版記念講演会に参加させて頂いた時に、凄く興味を持ったので即購入。
●ギブ&ギブン
与えたものが、与えられる。例えば、笑顔で話しかけたら、笑顔が返ってくる。
まずは、自分から相手に与えることを意識してみる。
●感謝すればするほど、幸せになる。
感謝すればするほど、感謝したくなるようなことがやって来ます。
●社員を幸せにすることが、社長の重要な仕事。
●幸せとは、人に恵まれた人持ち人生を送ること!!
人に恵まれるには、「引き寄せの法則」があります。人は、不思議と自分と似た思考、似た方向性の人たちが集まるようになっているのです。だから、今の自分を知るには、今の自分のまわりを見れば良い。
●幸せな人のまわりには、幸せな人が集まって来ます。幸せな人が集まると、幸せを感じられて、もっと幸せになっていきます。すると、さらに幸せな人が集まって来るのです。
LMPでは実践しやすいように10の基本習慣としてまとめられています。
●10の基本習慣
①肯定思考が何よりも大事!!
肯定的な言葉、肯定的な態度、肯定的なイメージ。この3つを日々意識して、自分のものにすること。結局、ブーメランみたいに自分に帰って来るから。
今に感謝していたら、肯定的思考になっている証拠!!
②個人の志(磁力ある目標)
ポイントは、自分の強みを生かせているか。自分だけでなく、周囲の人たちにも喜んでもらえるものになっているか。
③PDCA(計画・実行・確認・改善)
④3S(整理・整頓・清掃)
⑤良い習慣づくり(小さな習慣の積み重ね)
⑥重要感表現(明るい挨拶と聴き上手のふたつ)
⑦肯定的話し方
⑧チームの志(経営理念・ビジョン・信条)
⑨リーダーシップ(聴き上手、ほめ逹、志)
⑩人間力あるリーダー(これらを踏まえた結果、良き仲間に囲まれる)
●5つのコミュニケーションツール
①笑顔、②挨拶、③聴き上手、④ほめ逹、⑤肯定的話し方
この5つは是非ともマスターして、コミュニケーションスキルを上げたいですね。

実に面白い。

 hp2019.5.26

 

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2019.05.16更新

伝え方が9割/佐々木圭一

同じ内容なのに、伝え方で結果が変わってしまう。
同じ内容なのに、伝え方で「イエス」「ノー」が変わってしまう。
この文言を見た時、確かにそうだろうなぁと思いました。人のプレゼンを聴いていても、す~っと頭にも心にも入って来て本当に伝え方が上手いなと感じることが度々あります。
そう、伝え方には技術があるのです。
そのために相手の頭の中を想像する。
「イエス」に変える「7つの切り口」は実に面白く具体的。
①相手の好きなことをイメージする
 ×「デートしてください!!」と一方的に伝えても、それは自分のメリットでしかないということ。
 それを相手の好きなことを元にイメージして変換してみるとどうなるか。
 ○「驚くほど美味いフレンチがあるんだけどどう!?」こんな恰好良いフレ
 ーズを思いついてサッとは言えないけど、こんな言い方をすると何と相手のメリットに変わりイエスの返事を貰える可能性が高まるとは。
 なるほどねぇ~。
 他にもいっぱい。
②嫌いなことを回避する
 ×「芝生に入らないで!!」
 ○「芝生に入ると、農薬の臭いがつきますよ」
③選択の自由を与える
 ×「デートしてください!!」
 ○「驚くほど美味いフレンチの店とお寿司屋さんと、どちらがいい?!」
④認められたい欲
 ×「残業お願い出来るかなぁ~?!」
 ○「君の企画書が刺さるんだよ。お願い出来ないかなぁ~!?」
⑤“あなた限定”の口説き文句
 ×「自治会のミーティングに来て下さい」
 ○「他の人が来なくても、梶川さんだけには来て欲しいんです」
⑥チームワーク化する
 ×「勉強しなさい」
 ○「一緒に勉強しよう!!」
⑦感謝する言葉に人は否定しにくい
 ×「領収書を落として下さい」
 ○「いつもありがとうございます。領収書をお願い出来ますか!?」
全ての項目に共通して言えるのは、自分のメリットばかりを押しつけるのではなく、相手がいかにメリットを感じるように言っているかということ。
このスキルをマスターするのには相当な時間を費やすでしょうが、少しでも意識だけで随分と結果が変わって来ると思います。
ノーをイエスに変える技術の答えは、相手の中にあり、自分のハッピーと相手のハッピーを一緒に作り上げることが大事なのです。

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2019.03.08更新

日本でいちばん幸せな社員をつくる/柴田秋雄
昨年の秋、「あなたのための今世紀最大の講演会」に参加したけど、ホテルアソシア名古屋の元総支配人・柴田秋雄さんが、体調不良で講演されず惜しかったです。
その際に流された映像は、本当に素敵でした。
それを観てから本を読んだので、すゥ~っと入って来ます。
ドン底の状況だったホテルは、やさしい心を大事にして人も組織も生まれ変わったのです。その源泉は、柴田さんの溢れるスタッフ愛。
とにかく人へのやさしさを大事にする!!
●やさしさを大切に経営をする
職場のホテルが楽しい場所だから人にやさしくなれる。それが「自分たちにしかできないおもてなし」になる。
●会社が心を開ける場になり、従業員みんなが人の心をわかろうとする「やさしさ」を持てるようになった。
●人は自分にやさしくしてくれる人のことを大事にしたくなる。
「人が人にやさしくすること」がどれだけの不可能を可能にするか。
●やさしい心を大事にすれば、人間にとって大事なものが返ってくる。
●お互いが自分の利益をモノサシにするのではなく、「人を幸せにする」というモノサシを持てば、経営側だろうが従業員だろうが、向かっていく先は同じ。
●働いている人が「自分たちの会社は良い会社だ」と胸を張ることが出来て、そのことを家族も幸せに感じて定年を迎えられれば、そんないいことはない。
●お客様へのサービスは、働いている従業員が日々「幸せ」を感じていられれば自然に出てくるもの。
●一人の人間として自然に幸せを感じながら働いている姿をお客様が見て、「なんだか、ここの人たちはいいな」と思ってもらえるのがいい。
●サービスも人間も、見えないところでどれだけ地道に「自分に出来ることは何だろうか」「自分はどんなふうに相手に喜んでもらえたら幸せなのか」を考え続けたかが問われる。
●お客様も、従業員が「これは仕事ですから」という態度で接してくるより、自然に楽しんでやってくれている方が安心できる。
●自分で考えて自分で試せる。そんな仕事が当たり前だからやらされ感なんてあるわけない。
●基本的に従業員が自分たちで集まって考えてやってみるということに対してノーを言わないから、余計に自分たちで考えてやってみたくなる。誰だって自分のアイデアを仕事で試せるのは嬉しいもの。
●いい会社かどうかは、従業員たちが今よりいい未来を信じられるかどうか。
●もっと十人十色
その人に合った、その人にしか出せないものを、目の前のお客様一人ひとりに合わせてやれるのが本当のプロ。
●従業員たちみんなに「どうしたらいいですか?」という他人任せの言い方をさせない。
自分だったらどうするか。
自分だったらどうしたいか。

  hp2019.3.08(1)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2019.01.31更新

絶対、よくなる!/斎藤一人

のっけから日本一ツイてる斎藤さんから「あなたの人生は絶対、よくなります」と言われると、すっかりその気にさせられます。自分の人生をより良くするための気づき、魔法の言霊、習慣などは是非とも取り組んでみたいです。
幸せになるための考え方や視点を変えることの大切さなど「なるほど!」と唸らされるフレーズのオンパレード。
その一部を紹介。

●口ぐせを変えるだけで人生が変わる。
「この程度の報いで済んで、本当によかった」を4回、「ツイてる音符」を9回言う。ラッキーなことが起きても起きなくても、最低でも1日1回は「ツイてる音符」を言ってみる。これでいいことを引き寄せます。

●苦労の先に成功がある、は間違い。
やりたいこと、楽しいことをやっている人が成功します。人が成功に向かっている時はワクワクしていて苦労と感じないんです。本当に楽しくて楽しくて、子どもが夢中で遊んでいる感覚と似ています。
一方、ウマくいかない時、苦労している時は、自分で自分に「おかしい」と言ってみる。

●ウマくいかなくなったら、まず立ち止まる。
何か嫌な想いをしている、不快感を催すような考えをして苦しんでいるのだとしたら、まず立ち止まる。その嫌な気持ちは「立ち止まってください」という合図だから。いちばんの大間違いは、同じ間違いを続けること。

●自分が自分のいちばんの応援団になる。
ダメな自分、だらしない自分に「OK」を出す。
人間として生まれてきた以上、最低1人は幸せにしなきゃいけない人がいる。
その人を幸せにしないと、他の人を幸せにすることが出来ない。実はその人とは、自分自身なんです。

●神さまは私たちをバージョンアップさせるために試練を与える。
あなたが耐えられないような試練は、神さまは与えません。あなたに乗り越えられるような試練しか与えられません。しかも、試練とのセットで「開運の扉」も必ず用意されているのです。

●何事も見方を変えれば「ありがたいなぁ」と思える。
苦言や注意もすべて「自分のために言ってくれている」と思うと腹が立たなくなる。

●人生がよくなるコツは相手が喜ぶことをすること。
この流れを信じて「いいこと」を貯金していけば人生は必ず変わります。

 hp2019.1.31

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.12.24更新

子どもたちの光るこえ/香葉村真由美

まさに女金八先生が、実際に体験した教え子たちの物語。
子どもたちのことをこんなにも心から思い、こんなにも愛情をたっぷり注げる先生がおられるとは、本当に驚きの連続でした。
本を読んでいると、数ヶ月前に参加させて頂いた真由美先生のご講演の光景が頭によぎり、ウルウルして来ます。
真由美先生は、ある教え子を受け止めることが出来なかった。そのことで自分自身が傷つきボロボロになります。そんな折り、娘さんの一言で救われ、子どもたち
の支えにより気づかされます。全てを失った自分のそのままで生きていこう。ありのままの自分で出来ることをしようと思えた時、前に進むことが出来るようになったそうです。
本当に辛い時期があり、それを乗り越えて来られた先生だからこそ、教師からもあこがられる今の先生があるんでしょうね。
先生は、子どもたちからいっぱいのことを学ばれたそうです。
その一部を引用
●「愛されて生きること」の素晴らしさ。
●どんな子どもでも受け止める。
●「生きているだけで奇跡」「生きているだけで素晴らしい」
●「自分を信じる力」
●教師は教えるというより、その子の中の光に向けて、光を信じて、伝えること。
●子どもたちの花が咲くその日を信じて、ひたすらに子どもたちの心に種をまくだけ。
●子育てに迷ったら「いのち」という視点で子どもを見てみる。「生まれてきてくれてありがとう」と思い出す。
●子どもたちの心のこえが聞こえてきた時、一人ひとりの子どもたちが本来持っている光を見せてあげたくなる。
●大変なことが起きても、自分を鍛えるチャンスと受け止め、何があっても逃げない覚悟をする。どんなに真っ黒闇でも、その中に一筋の光を見つけ出し、その光を信じて、一歩ずつ歩いて行くこと。
●人は、愛でしか変わらない??これに尽きます。
こんな素敵な先生の教え子になりたかったなぁ?。
年明け早々、真由美先生の講演会に参加するので、またウルウルして来ます。
【2018.12.24投稿】

hp2018.12.24(1)

hp2018.12.24(2)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.11.09更新

波動が変わる!あなたが変わる!人生が変わる!/桑名正典

普段、あの人とは波長が合うとか、合わないとかの類の話はよくでます。
波長が合う=波動が似ていると考えると解りやすいかも知れません。私たち一人一人は、波動というものを持っていて、似た波動のものは引き寄せ合う性質を持っているのです。
その正体は、同じ波動同士が響き合う共鳴現象。
私たち一人一人は、言葉・意識・口癖・身体の状態・価値観・住環境など様々
なものが要因となって、それぞれが固有の振動数の波動を持っています。
私たちの人生では、自分の波動に共鳴するもの、つまり自分と似たような波動のものと出会うようになっているのです。つまり、今出会っている人たちは、今のあなたの波動と共鳴し合う人たち。なので、価値観も考え方も似ているということになります。
波動は似たものを引き寄せ合うため、楽しい人生を実現したいなら、自分が楽
しい波動を持つことが大事。
●自分の波動を変えるためにじゃあどうする?!
 ①身口意を意識する
  身業:行動や身のこなしのこと
  口業:口ぐせ
  意業:思考・意識していること
 ②自分がいる環境を変える
具体的に言うと
@場を整えて波動を上げる➩部屋の断捨離とか
@定期的に自然に入って波動を調整する
@良い言葉を使って波動を高くする
 「幸せになりますように」ではなく、「幸せになりました」
 言葉は、完了形で使った方がより効果的に働く。
@良いイメージをして波動を高くする
 脳は、イメージも現実と解釈するから。
●最高波動の人生実現のコツ
 ①出来ることではなく、やりたいことをやってみる
 ②頼まれごとをやってみる
 ③褒められたことを受け取り、その気になる
 ④やりたいことの最終形をやってみる
 ⑤ダメな自分を赦し(ゆるし)、受け入れる 
 奥が深いなぁ~。

【2018.11.09投稿】

hp2018.11.09

 

 

 

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.10.26更新

最高のリーダーほど教えない/鮎川詢裕子

優れたリーダーが行なっているマネジメント手法ってご存知ですか?!
それは、「教えないで、気づきを導く」。
なんと教えないんですよ(驚)。
「教える」➩「気づかせる」という思考のシフトチェンジが、これまためっちゃ難しい。ついつい教えてしまったり、部下が求めてもいないのにアドバイスをしてしまう上司が多いのでは(苦笑)。それは指示になり、そのことで部下は考えなくなり、自分の考えを持っていても言えなくなってしまう。。。
ところが、自分が心から「これだ!」「これをすればよかったんだ!!」と気づいた時には、自立型人間や自主的人間になっていく。
気づきが起きると、人は自然と変わり出します。
他人に言われた言葉ではなく、自分の内側から湧いてくる答えなので、そのエネルギーは自分を突き動かす凄い力になっていくのです。
「リーダーが何かをする」ことではなく、「リーダーが部下自身に行動してもらうよう導く」という考えを持つことが大事なのだ。なるほど。
@部下に「指示する」➩部下が自分から「行動するよう導く」
@問題点を「指摘する」➩部下が問題点に「気づくように導く」
「導く」がキーワード!!
そのためには、部下にとって役に立つ質問が出来るかがポイント。さらに、何でも安心して話せる目的意識を持った場を作るのも忘れてはいけないですね。
部下との個人面談で時々遭遇する沈黙の時間は、本人がまだ考えたことすらなかったことを初めて自分の内側に見つけていくために必要。この時間があるからこそ、新たな気づきや発見があり、思考が整理されていきます。
●有効な気づきが生まれるとどうなるか?
自主性が増し、発想力や思考力が高まり、「自分は、本当はどうしたいのか」と考えられるようになる。
●気づきがリーダーの関わりによって起きるとどうなるか?
認識が合わせ易くなり、部下との信頼関係が深まる。
●気づきに導く基本の3ステップ
①対話の基盤をつくる、②聴き取る、③行動を計画する
●部下に気づきが生まれないのは?
上司との関わりによって「自分で考え、行動する」というクセがついていないから。
●質問して、受け止め、応答する。質問して、受け止め、応答するの繰り返し。
●迷ったら理念に立ち返って考えていくクセをつけると理念が生きてくる。

【2018.10.26投稿】

hp2018.10.26

 

 

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.09.30更新

予祝のススメ 前祝の法則/ひすいこうたろう・大嶋啓介
皆さんは、「予祝(よしゅく)」ってご存知ですか?
古代日本人の一番の願いは、稲がたわわに実り、お米がしっかりと採れることでした。その願いの実現のために、春に満開に咲く桜を秋の稲穂に見立てて、ワイワイ楽しいお花見の宴会を催し、先にお祝いをすることで願いを引き寄せようとしていたのです。いわば「前祝い」です。
「予祝」をすればどんな良いことがあるのでしょう。
いまを喜びで満たせば、未来も喜びと出会う!!
いま喜び、いま笑えば、あなたの雰囲気(空気感)は変わり、その瞬間に未来も変わるのです。
高校球児たちに「予祝」のワークを実践したところ、たった3年間で14校が20回以上もの甲子園出場を果たし、31年間もの長きにわたり悲願が叶わなかったチームが「予祝」を取り入れた途端に甲子園出場って、マジで凄い!!
●言い切ることから奇跡は始まる
「~なりたい」ではなく、「~です」「~である」と言い切ることが大事。
「~なりたい」ということは、今なっていないということになるから。。。
●ナヤミ(問題)というコインの裏側は、いつだってノゾミ(望み・チャンス)
問題は、自分自身がもっと飛躍するために存在し、面白くない現実があるのではなく、面白くない視点があるだけという考え方。
やっぱポジティブ思考!!
●「喜び(予祝)」と「自己受容」と「感謝」
この3つのサイクルが循環することが最高の状態。そのために、心と言葉と行動がプラスに転じるような習慣を作っていくことが大切なんです。
●なにを目指すかが「夢」
なんのためにそれをするのかが「志」
甲子園を目指すことが「夢」だとするなら、誰を喜ばせたくて、その願いを叶えたいか?!それが「志」です。
「志」が定まると、動機が愛に根を張り、「感謝」が溢れやすい状態になります。
「感謝」こそ、心の状態がマックスにプラスに満たされた史上最強の状態。
すると、「やらなければならない」が、「心からやりたい」に変わります。
●職場の空気が変われば、業績は変わる。
空気(エネルギー)が変われば、心が変わり、結果が変わる。
この本を読んでいると、本当にワクワクして来ます。まずは院長が、いつもワクワクしていることが大事ですね~。
チーム梶川にも、このワークを是非とも取り入れてみたいです(苦笑)。
なんたってワクワクは、可能性を開花させてくれますもん。

【2018.9.30投稿】

hp2018.9.30

 

 

 

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

前へ

TEL:078-732-0091 診療時間:9:00~12:00/15:00~18:00 休診日:日祝・木、土曜日午後 アクセスはこちら