院長の趣味の部屋

sp_inq.png

アクセスはこちら

2022.04.21更新

心のこもったおもてなし(ホスピタリティ)というタイトルに目を奪われて、この書籍を即購入。ザリッツカールトン大阪の支配人が書かれたということで、さらにワクワクです。数年前にこのホテルで忘年会を催し、一流のおもてなしにも触れさせて頂きました。当院の目指していることが「心のこもった眼科医療を提供する」であり、本家本元のクレド(信条・約束)を真似をして作りました。
支配人が、ちょこちょこ書き留めたそのひと言、ふた言が実に奥深く、うん、うんともう頷きっぱなし。126項目あって、付箋も貼りまくり状態なのです。
チーム梶川が、もうワンランク上を目指すための目から鱗のお話がてんこ盛り。僕のお気に入りをお客様を患者様に置き換えて少し紹介します。

●スタッフが患者様一人ひとりを大切に思い、心を込めておもてなしをする。「人の手による心のこもったサービス」すなわちホスピタリティが、患者様の心を捉える。

●患者様の心を動かし、感動させるのはお金をかけた豪華な設備などではありません。患者様に少しでも喜んで頂きたいと願うおもてなしの心、ホスピタリティ・マインドなのです。

●人の手による温かみのあるサービスから生まれた感動は長い間、患者様の心に残る。患者様は感動され、繰り返し訪れたいという気持ちになる。

●私たちは、患者様が、数ある医療機関の中から、当院を選んでくださったことの素晴らしさと感謝の気持ちを決して忘れてはいけない。

●患者様に「価値がある」と感じて頂けるようなサービスをどう提供するか。

●医療機関におけるブランドとは、患者様が医院に対して「ここは特別だ」「ここは素晴らしい」と抱く信頼感であり、医院がその信頼に応える「約束」です。

●忙しく患者様対応がおろそかになりそうな時、自分はなぜ今忙しいかを考えてみる。それは、当院がより多くの患者様に必要とされているからに他なりません。
忙しいことは嬉しいことと感謝の気持ちを持って、すべての患者様に心を込めた対応を心がける。

●「ホスピタリティ」「心のこもったおもてなし」を具体的にイメージできなければ、「もし、この患者様が自分の家族だったら」と考えてみる。

hp2022.4.21(1)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2022.04.16更新

あっと1球!!あっと1球!!

大声禁止なので心の中で叫ぶ私。
ボコッ、力ないサードゴロ。
ファーストへ送球されゲームセット。
おっしゃっ〜〜〜!!
大歓声で甲子園が揺れた!!
相手のエラーで美味しい棚ぼた先制。
大山のなんと64イニングぶりのタイムリーツーベース。
来日初登板のウィルカーソン、見事な投球。
8回表では、ノーアウト2塁の大ピンチでした。
痺れる展開に手に汗握る。
2者連続の渾身のストレートで三振。
ヒヤリのセンターライナーで3アウト。
湯浅、最大のピンチをホンマよう凌いだ。

巨人に連勝。
さあ、猛虎の逆襲だ!!

hp2022.4.16(1)

hp2022.4.16(2)

hp2022.4.16(3)

hp2022.4.16(4)

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2022.04.15更新

阪神ファンの小部屋
4月7日(木)、「今から甲子園球場で応援するぞ」と意気揚々と駅の改札を抜けようと思ったら、
マジかぁ〜?!

試合中止のお知らせ。
DeNA選手らがコロナに感染したそうです。
1日も早く快方に向かうよう願うばかり。

4月9日(土)、仕切り直しでデーゲームで阪神vs広島を観に行って来ましたぁ〜。
お天気も良くって絶好の野球観戦日和り。
カァ〜〜〜ン!!
サトテルの打球が、高い放物線を描きながらレフトスタンドへ。
は、は、入ったぁ〜〜〜!!
“生”サトテルのホームランが見れてワクワク。
てか、阪神ファンとして盛り上がったシーンは、ここだけ。
鯉キラーの秋山投手が、まさかまさかの3回6失点。
マジか?!
相手ピッチャーにスクイズを決められ、さらに満塁の場面で走者一掃のスリーベースを打たれるとは。
やられ放題でした。
打線も全く繋がらず。
完敗だったけど、やっぱリアル野球観戦は最幸だなぁ。

阪神1-9広島
まだ1勝しかしておらず、虎の両目はいつ開くんでしょうか(涙)。令和4年4月14日現在。

hp2022.4.15(1)

hp2022.4.15(2)

hp2022.4.15(3)

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2022.04.14更新

4月上旬、桜を見ながらのランニング9th(10Km)でしたぁ〜。
ランニング途中の須磨浦公園の桜も綺麗かったです。桜に包まれて走るのってホント気持ちいいぃ〜。
普段なら明石海峡大橋まで行って折り返すのですが、もう1回桜を見たい。
ってことで、5Km走ってから踵を返して須磨浦公園へ。
駅で夜のライトアップの催しがあるのか訊ねたところ、今年もやっていないとのこと。

うわぁ惜しすぎる。

hp2022.4.14(1)

hp2022.4.14(2)

hp2022.4.14(3)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

TEL:078-732-0091 診療時間:9:00~12:00/15:00~18:00 休診日:日祝・木、土曜日午後 アクセスはこちら