院長の趣味の部屋

sp_inq.png

アクセスはこちら

2018.03.30更新

今日は、宮本笑理10th anniversary special liveに行って来ましたぁ~。
非日常的な空間の中でバイオリンの高い音色が、耳の奥や胸の中にキュンキュン入って来て、めっちゃ心地良かったです。
中島みゆきの「糸」をヴォーカル池田綾子さんとのコラボで盛り上げて下さったり、「タイタニック」の曲もさすが。
ハービス地下の和食も美味しかったな。

【2018.3.21投稿】

hp2018.3.21(1)

hp2018.3.21(2)

hp2018.3.21(3)

hp2018.3.21(4)

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.03.29更新

先日、ディズニープロジェクト・パーク研修の振り返り会を催しましたぁ~。
パークでの気づきを職場でどう活かすかを振り返ってシェアする大事なミーティングです。
この日までに各チームともにランチしながら振り返りをしてくださり感謝、感謝。
チームそだね〜、チームかじ娘、チームプリンセス、みんなめっちゃ素敵なコメントでした。
終わってから、Sさんと焼き肉を食べながら二人振り返り会。
神戸牛、美味いぃ~!!

【2018.3.27投稿】

hp2018.3.27(1)

hp2018.3.27(2)

hp2018.3.27(3)

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.03.21更新

いのち輝くホスピタリティ
医療は究極のサービス業/望月智行

「職員に満足や幸福を感じさせることの出来ない病院では、患者様に満足を提供することは出来ない。」そう言い切る川越胃腸病院の望月院長。
「患者様の満足と幸せの追求」「職員の幸せの追求」「病院の発展性と安定性の追求」の三つを経営理念の根幹に据え、それを浸透・定着させるために様々な取り組みをしていきます。
望月院長が、自分の理想とする医療を実現するのになんと25年!!
当初、理念は理解されず、仕事の質も職場の結束も高まらず、思い通りにならないことばかりが続いたそうです。でも、望月院長は、諦めませんでした。妥協もしませんでした。焦らず、少しずつ、医療の質を向上させて来られました。
「苦労する価値は十分にある。」という言葉には、本当に重みがあります。
現役院長の情熱あふれる素敵な文章に感激しっ放し。現役院長が語ること故、同じ医療人・院長・リーダーとしてすぅ~と腑に落ち、チーム梶川を今後どうするのかのヒントがいっぱいでした。
面白くて何度も読み返したくなる本です。

●サービスとは?!
人に対する熱い想いといたわりの心が、行動という具体的な形に表れたもの。
欲しいものを、欲しいときに、最高の形で、笑顔と心を込めて届ける。
その行動によって人に喜ばれることを、自らの喜びと感じられるような人が集う組織を作りたい。
医療は、究極のサービス業である。

●ある職員のコメント
「私たちはいつも、どうしたらもっと患者様に喜んで頂けるかを考えて仕事をしています。」

●仕事とは?!
人を幸せにするためにあるもの。
人の幸せや社会の発展に貢献することを目的とする社会的活動であり、相手に価値を生んで初めて完結するもの。
相手に喜んでもらい、幸福を感じてもらい、相手の心と生活の中に何らかの価値を生み出した時に仕事になる。

●目標にする先輩が職場にいるということが、理想の職場。

●医療人にとって最高のやりがいは?!
決して経済的な満足ではなく、仕事の充実感ややりがい、自己実現や成長感などの目に見えない満足感や充実感を求めて働くこと。

●社会的満足は誇り
働く人が、自分にとって大切な人やかけがえのない家族が病気になったら、真っ先に連れて行きたいと思うような病院でなければならない。

●経営者として一番嬉しいのは、職員たちの活き活きと輝く、明るい笑顔を見られること。

●働く人が幸せでいられることが、患者様の幸せに繋がる。

●素晴らしい組織の条件
①人が辞めないこと。
②働く人の笑顔の質が高いこと。

●経営の目的とは?!
かかわる全ての人に喜びと幸せを提供すること。

●経営の目標とは?!
一人ひとりの職員が、それぞれの能力を存分に発揮し、同じ目標に向かって最大の総合力を発揮できる状態のうえで、やり甲斐と生き甲斐を感じながら仕事に打ち込める環境をつくること。

●ひと満足の好循環スパイラル
職員満足なくして患者満足はなく、患者満足なくして社会満足(評価)も病院の発展もありえない、すなわち「ESなくしてCSなし」という経営の原点。
このスパイラルが、途切れることなく力強く回転し続けると、関わる全ての人が幸せになる。このサイクルを強く、正しく回転させるエネルギーは、病院理念への正しい理解と共感、病院と職員との発展を共創する職場風土が大切。

【2018.3.21投稿】

 hp2018.3.21

 

 

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.03.09更新

ディズニープロジェクトもいよいよ最終日。
ホテルのおもてなしにホント感激。
今日は、全くのフリータイム。
なので、各々のペースで楽しんでいます。
昨日、3時間待ちだったセンターオブジアースは、ファストパスの絶大なる恩恵でなんと15分でライドオン。
さすが!!
この3日間、毎日のように10㎞以上を歩き回ったので、足がパンパンです(苦笑)。
メンバーは、もっと歩いているはず。
充実の55周年記念ディズニープロジェクト・パーク研修でしたぁ~。
自分たちの学びと気づきがいっぱい詰まった「マジカル・ブック」は、チーム梶川の財産です。
今回の研修を一から練り上げて下さったSさん、メンバーのみんな、本当にお疲れ様&ありがとうございましたぁ~。
【2018.3.04投稿】

hp2018.3.04(1)

hp2018.3.04(2)

hp2018.3.04(3)

hp2018.3.04(4)

hp2018.3.04(5)

hp2018.3.04(6)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.03.08更新

ディズニーのパーク研修2日目。
午前10時過ぎの状態で、もうパーク内はだだ混み。
3時間待ちって、マジか?!
男性陣は、のんびり散策しながらミュージックショー「アウト・オブ・シャドウランド」へ。
色鮮やかなプロジェクションマッピングで、歌もめっちゃ上手い。
自分を信じる勇気!!
そだね~。
夜は、ホテルの部屋で振り返り会。
この日も幾つもの無理難題と思われるミッションを次々にクリアしていく「チームそだね~」。
ぶっちぎりの優勝かと思いきや、キャラクター探しで「チームかじ娘」が猛追。
おもしろキャラNo.1の「チームプリンセス」も必死の追い上げ。
結局、僅差で「チームそだね~」が、見事に優勝!!
おめでとうございます。
ダフィーのぬいぐるみに大喜びでした。
チームのメンバーみんながミッションに対してホント一生懸命で、食事もドリンクもままなかったり、緊急ミッションが入ったためファストパスもスルーしたり、そこに向き合う姿がめっちゃ素敵です。
教えるのではなく、楽しく学ぶ・気づくがベースの今回の研修。
2日間の研修は、これにて無事に終了。
ホントお疲れ様&ありがとうございました。
明日は、ゆっくりディズニーを満喫してくださいねん。
【2018.3.03投稿】

hp2018.3.03(1)

hp2018.3.03(2)

hp2018.3.03(3)

hp2018.3.03(4)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

2018.03.06更新

先週の金曜日から梶川眼科医院55周年記念ディズニープロジェクトのパーク研修。
「チームそだね~」「チームプリンセス」「チームかじ娘」の3チームに分かれて、ミッションに挑戦していきます。
出題者が頭をひねってひねって考えた課題をいとも簡単にクリアされるんでマジびっくり!!
振り返りの一つとして、素晴らしいと感じたキャストを探し出し、なぜその人を選んだのかなどを考えます。
みんな一生懸命にミッションに取り組んで下さり、発表も素晴らしかったです。
楽しみながら学ぶ。そだね~!!

【2018.3.02投稿】

hp2018.3.02(1)

hp2018.3.02(2)

hp2018.3.02(3)

投稿者: 梶川眼科医院 院長:梶川大介

TEL:078-732-0091 診療時間:9:00~12:00/15:00~18:00 休診日:日祝・木、土曜日午後 アクセスはこちら